令和6年(2024年)ボーイスカウト隊 春季訓練キャンプ

令和6年(2024年)5月3日~5月5日の2泊3日の日程で、ボーイスカウト隊は埼玉県入間郡の啓明荘のキャンプ場で春季訓練キャンプを行ってきました。

 

今回の訓練キャンプは、同じ城北地区の豊島7団と合同で行い、さらに混成班編成で行ったのでした。

 

始めは混成班なので、お互い遠慮しながらギクシャクとした感じでスタート・・・と思っていたら、いきなり意気投合し、まるでずーっと一緒に活動をしていたかのような一体感!

皆で協力して設営をすすめていきます。

 

設営が終わるとキャンプ場のすぐ裏手にある竹林より野外工作をする竹の伐採を。

長い竹材も、皆で協力して運んでいきます。

 

※:竹林は啓明荘様の所有物で許可を得て伐採しています。

 

適度な長さに切り分けた竹を麻紐で結んでいきます。

 

角縛り、ちゃんと出来たかなぁ~?

 

若干歪んで平行もなんとか保っている(笑)立かまどの完成です。

今回は訓練キャンプです。

今回の経験を基に、次はもっと良いもの作りましょう!

 

それでも竹材で作り、ガタも少なくしっかり安定した立かまどが出来たのは、なかなか優秀です。

 

こちらは高麗のパーマネントオリエンテーリングを利用して、読図の訓練をしている所です。

現在地から目的までのルートを考えています。

 

それでは出発!

 

のどかな巾着田をすすんでいきます。

 

金毘羅神社の鳥居を中心に記念撮影。

さっき歩いて来た巾着田が眼下に広がっています。

 

今回はただ歩くだけでなく、途中途中で地図を読み、かつ全員のペース配分等考えながらのハイクでした。

 

物見山に到着。

皆で記念写真。

 

色々と苦労したけど、皆で助け合いながら良く歩きました。

 

キャンプファイアでは、「猛獣狩り」を行い、カブスカウトと一緒に大いに盛り上がりました。

 

 

ここからは、キャンプ飯です。

食料の配給。

ボーイスカウト隊では、食事の前に食材が配給され、そこから食事の準備が始まります。

 

班長から薪のくべ方を指導されています。

 

この日の食事は唐揚げ!

キャンプで揚げ物とは、なかなかに豪勢です。

 

みな満面の笑み。

唐揚げの争奪戦が勃発していました。

 

こちらは、ハイキングの最中の食事の風景。

固形燃料を使ってメスティンで炊爨をしています。

 

焚けたご飯にコンビーフを入れてバターと醤油を混ぜ合わせます。

 

これ絶対美味い奴!

 

これは豚肉の味噌漬けを焼いたやつです。

前日の夜に豚ロースにハチミツと味噌を合えた物を塗り込み、保存パックに入れてクーラーボックスで一晩漬けこんだ物です。

 

程よく味のしみ込んだ豚肉は柔らかく良く味がしみ込んで最高に美味しかったですね。

 

こんなサプライスもありました。

野外工作をする為に竹を伐採した時に、副長補と団委員の方が竹の子を発見して掘り出しました。

 

灰汁抜きをした竹の子の水煮がスカウトに配給されました。

スカウト達は大喜びです。

 

配給された竹の子は、急遽竹の子ご飯にしていました。

 

色々な経験を積み、春季訓練キャンプは無事に終了。

 

一緒に行動した豊島7団のボーイスカウト隊に皆と再会を約束して幕を閉じました。